読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bluesdrives

Guitar Tone

GT-100 BG DRIVEで素敵な音

GT-100

f:id:bluesdrives:20170204090420p:plain

パラメーターガイドにはMESA/Boogieのコンボアンプと表記されているBG LEADとBG DRIVEアンプモデル。

BG DRIVEはTreble SHIFT Swをオンにしたサウンドとのこと、検索して調べてみるとMark IIがなんかそれっぽいのですが、正確じゃなくても特に気にしないでおきます。ハッハー!

めちゃんこ音が中域に寄っていて、本当に使えるのかなコレというような感じがしますが、困った時の必殺技プレゼンス上げ目にしてみると良い感じに。

本物はグラフィックイコライザーが付いてるらしく、こいつをVの字にして使うのが推奨されているのだとかなんとか。

そんなことは一切知らないで音作りしてますが、粘りのある音がとても好きでGT-8の頃から使っております。

そしてこいつを録音すると、何故かとてもエモーショナルな雰囲気が出てくれるのです、摩訶不思議。

GT-100ヘッドホンでの音作り私的考察3

GT-100 音楽機材

f:id:bluesdrives:20170129160917j:plain

休日ももうおしまいか…しゃあない!リスニング向け定番のヘッドホンで音を確認してみよか!と勇ましくHD650でGT-100弾き始めるガンダム放映前の暇な時間です。

もうなんと言いますか、モニター用に比べるとすごく音全体がまろやかになって、どこまでもプレゼンスやトレブルを上げたいような感覚になりますな。

それを上げても上品に聞こえて、ここからそのままの設定でモニター用に替えようものならひどい音で笑っちゃえます。

かと言ってモニター用だけでは派手な音は作りにくいかもしれないですので、開放型のそれなりの物と併用して行くスタイルが良いんじゃないかと思います。

当たるも八卦当たらぬも八卦、結局好き勝手にやるのが一番ですな!

GT-100ヘッドホンでの音作り私的考察2

GT-100 音楽機材

f:id:bluesdrives:20170128141250j:plain

休日なので久しぶりにモニター用のヘッドホンRH-300でしばらく演奏していました。

GT-100のヘッドホンモニターが気になる方は、攻略本の著者でもある中野豊氏のブログにヘッドホンレビューがありますので必見ですぞー。

なんてすばらしい記事だ!

GT-100 簡単適当にCLEAN音作り

GT-100

soundcloud.com

f:id:bluesdrives:20170123174835p:plain

ADVANCED AMPのアンプモデルNATURAL CLEANを使って、行き当たりばったりなラインヘッドホンの音作りをしたので、試しに録音&ミックスしました。

プリアンプのEQは全部50、シングルコイルPUのギター使っての簡単な演奏です。

エフェクトにコンプ、FX-1トーンモディファイ、ローカット&ハイカットだけのEQ、ディレイ、コーラス、リバーブを使ってます。

特筆する点として、EQ以外のエフェクト類はすべてQUICK SETTINGのプリセットセッティングを、それらしい音になるように選んだだけであります。

エフェクトの効果なんてよく知らなくても、なにか簡単なアルペジオでも弾いてちょい幻想的な雰囲気を出すのに使えるぞこれは!と思った次第です。

まだまだGT-100の底知れぬ性能に惚れ惚れすると同時に、否応なしに新型への期待が高まりますなぁ…グフフ…。

GT-100 BGNR UB METAL

GT-100

f:id:bluesdrives:20170118233000p:plain

GT-100Ver.2で追加されたアンプモデル、BognerのUberschallです。

超音速という名にふさわしい突き抜けたギター音色を作るのに最適なアンプモデルですね、多弦またはダウンチューニングしたギターで弾けばもうヒャッハー間違いなし!

ゴンゴン鳴らせばその低音の質感にもう惚れ惚れしたり、リード弾けば切れ味の良い音と弾きごたえでうっとりできます。

しかしそんなに良いのならもうこのアンプモデルだけで良くね?とはならないところがギターの面白い所ですね。

ラインヘッドホンで気持ちよく弾けるのに、録音してみたらどうも今一つ掴み何処がない感じです。

気長にじっくりと時間をかけて音作りしていきまっしょい。

GT-100 & GT-10

GT-100

f:id:bluesdrives:20170113201754j:plain

もう五年前ですか…。GT新旧を並べた画像が出てきましたのであらためて見てみると、ヴィジュアルはまさにゴジラ対メカゴジラを彷彿させるような気がします。

GT-10のパラメーター設定等や演奏時の操作性はかなり完成しており、私が得意に弄り回せるようになった初めての機材になりました。

まだ楽器店のスタジオで遊んだりしてた頃だったので、JC120リターンにプリアンプのTWEEDやMS1959を使ってみたらすごく良い音でびっくりした記憶があります。

しかしライン・ヘッドホンではアンプシミュの音作りの知識のないヒヨッコだった頃ですので、容赦の無い音が吐き出されてましたなあ。

他のマルチエフェクターやソフトアンプシミュも使いましたが、結局ぶつくさ言いながら音作り研究して今に至ります。

GT-100 インプットレベル

GT-100

f:id:bluesdrives:20170109202612j:plain

f:id:bluesdrives:20170109202622j:plain

エレクトリックギターを弾いているのなら、自分の使うギターはどんな音が得意で不得意か分からないようでは、どんなマルチエフェクターを使っても音作りなどできないようで、できちゃったりするので人生は開けてビックリ玉手箱!

GT-100では適切なインプットレベルというより、プラス方向に上げるとギターやピックアップによって歪やプリアンプトーンの効きが増して行きます。

歪み過ぎるのを嫌う場合ではマイナス方向へ下げても良いです。

インプットレベルを上げ下げすると、所有ギターのキャラクターや各アンプモデルの相性が判ったりするかもしれないので、何事もトライ&エラーの精神でございますよ。

GT-100 攻略本

GT-100

f:id:bluesdrives:20170106212602j:plain

我らすべてのGT-100ユーザーにとって有難い経典がこの本である。

攻略本と言えば小学生の頃に遊んだファミコンのゲームを思い出される訳ですが、攻略本見てもクリアできなかったスーパース〇ーフォースが思い出されます。

裏ワザという単語で思い出すのは大技林の辞書、ファミマガウソ技は絶対に許さないと小学生ながら心に誓いました。

プリアンプのトーンコントローラの効きなんて、この本読まなきゃ分からなかったり、如何に耳頼りで適当な音作りしてたなぁと思います。

GT-100 パラメトリックイコライザー

GT-100

f:id:bluesdrives:20170103201037p:plain

LINE/PHONESの音作りにおいてパラメトリックイコライザーを(略。

こんなんいきなり出されてもどうやって使えばいいのか判んねー、知るかー、というのが正しい人の在り方です。

f:id:bluesdrives:20170103201723p:plain

こういう感じでDAWプラグインであるパライコなら、~Hzからの低音や高音をカットしたり、つまんで~Hzを上げたり下げたりするんだなと解りやすいですね。

これがGTでは全然視覚的ではなく、設定する音の数や場所も決まってはいますが、使いこなすともう過去の自分が恥ずかしくなるくらいになります。

FX1と2には同じパライコがありますので、アンプモデルの前においてギターの音を変えることもテクニックの一つですね。

あとSYSTEMのグローバルEQやエフェクトの最後にマスターEQもありまして、こちらにも一つパライコになってるところがありますので、音作りの最終兵器にどうぞ。

GT-100 カスタムアンプ

GT-100

f:id:bluesdrives:20170102213123j:plain

早く新型のGT出ないかなと思う日曜ミュージシャン風情気取りの私ですが、特にやることない平和な時に弄りだすのがカスタムアンプである。

うーんこのアンプモデル、プリアンプのEQじゃもうどうにもなんないよー!と困って使って見たら大当たりだったことがあるんです。

まあカスタムベースのアンプでもう少し融通利かせたいときに使ってみることが多いですね。

あとEZ TONEのから設定するこの画面がやっぱりかっこいいと思ってるんですよ。