bluesdrives

Guitar Tone

GT-100 ギターやピックアップが違えば出る音も変わるのは当然ですが…

f:id:bluesdrives:20171009184716j:plain

夏も過ぎ去りすっかり秋になりまして、さあ音楽の秋だと威勢だけは良いのが取り柄なんですハイ。

唐突に私の愛機ストラトですが、まったくそこらのなんの変哲もないフェンダーの赤いストラトでございます。

ピックアップはテキサススペシャル、こいつがどうも好みで前回のスタッククランチ使ったりするのが好きです。

リアピックアップ使ってハードロックにも余裕で対応できるとは思いますが、その場合はOD/DSのディストーションやFUZZが活躍します。

f:id:bluesdrives:20171009200956p:plain

さあ今度はハムバッカーのリアピックで音作りに勤しんでますが、やはりこれもギターやピックアップでの音作りの変わりようで悩みます。

その音の違いがGT-100では著しくなりやがって、ギター増やしたい欲が沸々と湧き上がりまくりですが、もう今年末には資金不足が確定してやがりますのでこれを見た貴方に託す……。

GT-100 STACK CRUNCHいいんです!

soundcloud.com

f:id:bluesdrives:20170819120149p:plain

あんまりギター弾かずに夏を過ごしてますが八月の長雨で涼しくなり、やっと触ってみようと思った次第の今日この頃でした。

リアハムのギターでズンガーやってばかりでしたので、確認を兼ねてストラトを引っ張り出して、GT-100のSTACK CRUNCHで音作りと録音MIXをやってやるぞーと勢いに任せてみました。

棒メリケンバンドの曲風にバッキングを弾いてみましたが、なかなか良い質感の音でギターの素材が出るような感覚がしましたぞ。前にテメーでスタッククランチ良い音だって言ってたじゃねーかと再確認でした。

ここからSOLOスイッチ入れて、ディレイや広いリバーブ掛けてみるとこれまたすばらしいリードが出る訳なんですが、とにもかくにも気持ちいいのでもっとギター上手かったらなぁ…とセンチな気持ちになりました。

GT-100 BGNR UB METAL With T-SCREAM High Gain Returns

f:id:bluesdrives:20170706202717j:plain

雨が降るからおとなしく音作りでもしようかなと、天候の悪さを理由に久しぶりにギター持って、仕方なしにGT-100の電源を入れる今日この頃です。

そういえば課題的なアンプモデル、ウーバーシャルのハイゲインな音をなんとかして使えるようにしたいと奮闘してみました。

f:id:bluesdrives:20170706203449p:plain

プリアンプの前にOD/DSのT-SCREAMを掛けることで理想的な音がやっとこに掴めてきました。

まあよく実機でハイゲインメタルやるような人がよく使ってますね、あの緑色のTS808でちょい調べてみると、その利便性が直ぐに分ります。

私のBGNRだけの音作りではドンシャリ過ぎたのか、中域が全然無いので録音してもそれっぽくない、きっとR-FIERにつられ過ぎたんだなとは思います。

しかし個性的な音を目指したいと思えば超どんどんしゃりでもいいのです、自由な音が僕私の音楽であるぞと世界に示すのだ!

GT-100 Blues Driver

f:id:bluesdrives:20170605202947p:plain

心を揺さぶるブルージーなオーバードライブ。

こいつはテレキャスやジャズマスで、ジャキーンとする音作りにゃ必須アイテムだとか、ロキノンバンド御用達とかのお話で有名ですね。

フルレンジに作用するブースター、そんな言葉で評される使い方しかできない私ですが、無くてはならない存在です。

f:id:bluesdrives:20170629173034j:plain

そんなBD-2愛な私に、Rolandのメールでアンケート答えたらBD-2消しゴムもらえました!

やったね!

MT-09でリターンライダーになりました

f:id:bluesdrives:20170519183708j:plain

いきなりモトブログでも始める気かと…新しいGT出るまでMT-09に乗ってライダーに専念します。

十年ぶりくらいにバイク乗りましたが、若かったあの頃の感覚が蘇ってきやがります。

かと言って体は衰えている事を忘れずにいつも安全運転ですよ。

GT-100 新しい音作り挑んで行きたい

f:id:bluesdrives:20170411205938p:plain

新年度も始まりまして私も心機一転、新しい音作りに勤しんで行こうと思います。

私の主な音作りはLINE/PHONESですので、こいつでどこまで録音やパワードスピーカーの音が作れるのかが問題ですな、まあ録音ならMIXも課題です。

やはりFXを使い切って音作りしなければ、今の自分の音作りに足りない所だと実感しております。

このTONE MODIFYではギターの音に掛けたり、アンプの後ろに掛けたりと試行錯誤したり、ギターシミュなんかも使ってます。

GT-100 ヒャアがまんできねぇR-FIERだ!

f:id:bluesdrives:20170327195306p:plain

今年の三月は寒い!という年度替わり間近のいそがしさ、ちょっとゆっくりギターでも弾かせてよとなる今日この頃です。

リアハムのギター持ってGT-100の電源入れてヘッドホンを被ると、寒さを吹き飛ばす怒りのR-FIERが炸裂するって訳よ!

しかしだんだん音作りしていると、音作り始めた頃よりGAINやプリEQが下がってきやがりまして、盛者必衰のことわりをあらわす感じがします。

まあ単に歪み過ぎやり過ぎというオチなんですが、若い頃は歪多めで刺激を求め彷徨っていたなと感傷に浸れます…。

もっと良い音作ろうとパラメーターを弄って、結局最初に作ったやつの方が良い音じゃねーか!となる事はいまも日常茶飯事ですわい。がはは!

GT-100 Ver2.10にバージョンアップ!

f:id:bluesdrives:20170315171959j:plain

www.boss.info本日BOSSのGT-100サイトからVer2.10のアップデーターがダウンロードできるようになりましたので、さっそく入れてみました。

それに伴い、ドライバーとBOSS TONE STUDIOもアップデーターが配布されましたので早速ダウンロード。

ドライバーはWIN10なので自動で入りました。

f:id:bluesdrives:20170315173353p:plain

MIDI機能の改善は全く使わないのでさっぱりですが、USBオーディオインターフェイス機能で、サンプリング周波数44.1/48/96kHzが選べるようになりましたぞー。

まだこのようなアップデートができるGT-100…おそるべし!気が付けば明日でGT-100発売五周年の日、拙者のGT-100は一日前にフライングゲッツしたので今日が五歳の誕生日でござるんですぜ!

GT-100 EZ TONEからBASIC TONEを選ぶ

f:id:bluesdrives:20170312200304j:plain

自分のギター音色のジャンルの狭さに打ちのめされたときは、きっとこの機能が役に立ってくれるかもしれません…私はとても役に立ってますけどね!

GT-10から実装されたこの機能は、簡単にメタルとかジャズ等の様々なジャンルを選ぶと、その音色が出ますよ的な感じですね。

全然音が気にいらねーよ!と思う事もありますが、こいつを選んでとりあえず何のエフェクター使ってるのか知れるのが素敵です。

大元のアンプモデルの音は自分、エフェクターの知識はここから取り入れる、そんな感じで私の未熟で狭い音楽性をカバーしようという魂胆なんです。

あとTONE STUDIOからあーてすとのパッチをダウンロードし、取り入れられるものは根こそぎ精神です、今から買ってもGT-100は遅くはない製品…なのかもね!

GT-100 USBオーディオIFでREC

f:id:bluesdrives:20170307180610p:plain

近年のマルチエフェクターUSBオーディオIF機能が付いていてあたりマァ!というすばらしい時代であります。

久しぶりにDAW使って録ってみると、自分の演奏の下手さが良く解って泣きたくもなりますが、「おおっ!俺が弾いみたいじゃないぞ?!」とそんな音も稀に出ると嬉しいものです。

GT-100はオーディオIFとして、24bit/44.1khz固定の音質ですが良い音だと思います、むしろなんだかクッキリハッキリなくらいに。

私はメインアウトから手持ちのオーディオIFの入力へ、楽器ケーブル繋いで録音する音の方が好きでやっております。

GT-100のUSBオーディオでは録音する音量の挙動や音質が面白いくらい違って、なかなか考えさせられます。